環境の変化によってかかりやすい大腸がんについて理解しよう

健康的な眠りを目指すには

女性

無呼吸になる原因とリスク

睡眠時無呼吸症候群は、寝ているときに呼吸が10秒以上止まり、それを繰り返す症状です。原因は呼吸の通り道である気道が塞がれてしまうために、呼吸ができなくなってしまいます。肥満で気道が狭い人や、扁桃腺肥大なども睡眠時無呼吸症候群になりやすいところがあります。睡眠時無呼吸症候群は身体に負担をかけてしまうため、高血圧になる可能性があります。また、睡眠中に呼吸が止まることから、良質な睡眠が妨害される懸念もあるのです。睡眠時無呼吸症候群の対策として、肥満の解消や飲酒を控える習慣が効果的です。飲酒は筋肉を緩めてしまうため、気道が狭くなりがちになります。そして口呼吸が癖になっている場合は、鼻呼吸に切り替える行いも大切です。

原因に合わせた治療法

睡眠時無呼吸症候群に悩むときは、専門の治療が受けられます。まず治療法としては、肥満が原因となっている場合には減量が勧められます。そして扁桃腺肥大の場合は、手術で扁桃腺を小さくしていくことも可能です。これら以外でも、専用のマウスピースや酸素マスクを装着する方法も身体の負担を減らしてくれます。いずれも病院で取り扱われている器具となり、違和感を抑えた付け心地になるように作られています。睡眠時無呼吸症候群の人は睡眠不足の状態の人も多く、仕事や運転中などに支障が出てしまう危険性があります。いびきがもともと激しい人や、肥満体型の人は、睡眠時無呼吸症候群を疑わなければいけません。寝るときの姿勢も工夫しながら、呼吸の乱れを整えていくようにしましょう。