環境の変化によってかかりやすい大腸がんについて理解しよう

検便による検査で病気発見

病棟

検便で分かる病気

検便検査で分かる病気は、消化器系のがんを調べる事ができます。便に血液が混じる事は様々なケースで起こりますが、病気によるものであるかどうかを検便検査によって調べる事ができます。胃炎や胃潰瘍など粘膜に炎症や潰瘍が出来た場合にも便に血が混じる事があります。便に血液が混じっていると心配する人の多くは、おしりが切れた事によって出ている血なのか、内臓に異常がある事によって出ている血なのかが気になる所です。便中の血液を調べる事で、どちらによる出血なのかを調べる事は容易なので、血便が出た際には検便検査を行う事が大切です。がんの組織はもろいので、ちょっとした事で出血します。胃がんや大腸がんも食事や排便する事で出血するので、この出血に気付き検便検査を行えば、がんの早期発見につなげる事ができます。

便の検査によって早期発見

便中の血液をチェックする際は、血液を構成しているヘモグロビンをチェックする事で、消化器系からの出血であるか肛門付近での出血によるものかの違いを判別する事ができます。ヘモグロビンの検査には試薬を使って検査する化学法と、ヘモグロビンを免疫学的に検出する免疫法があります。化学法の場合には、大腸だけではなく胃や十二指腸などの出血もチェックする事ができます。動物の血液に反応してしまう可能性があるので、検査前には食事制限によって動物肉を食べないなどの準備が必要になります。免疫法の場合には、ヘモグロビンを免疫学的に検出するので食事制限をする必用はありませんが、胃や十二指腸からの出血を判定する事が難しい検査です。便潜血によって大きな病気を早期発見する事ができるので、定期的に検査を受ける事が大切です。